富士登山で大事なことは自分のベースを守って登ること。 最初からベースが速いと、後半に疲れてしまったり、高山病にかかりやすくなってしまいます。 特に歩き始めの1時間は、体が渥まってくるまで、ゆっくりと歩くように心掛けましょう。

初心者&初登山でも大丈夫

富士山の疲れない登り方

疲れない「登山の基本姿勢」

姿勢は登山の基本動作の中でも重要なことのひとつ。頭の位置は、腱く礼をする位、やや前かがみで、少し前に重心を置きましょう。ただし、決して猫背にならないように注意。正しい姿勢が、登山時のバランスを安定させます。登るときは足だけを動かすのではなく、体全体を移動させる意識で。また歩幅は小さく、ハイペースによる疲労や高山病を避けるためにも、ゆっくりとしたペースで登ることが大事になってきます。

ダメな例1斜面に対して垂直に近い

斜面に対して垂直に近い
背負ったザックの重さに引かれ、後ろ向きに転倒する危険があります。

ダメな例2歩幅が大きく前に倒れ過ぎ

歩幅か大きく前に倒れすぎ
心を前に倒しすぎると体勢が不安定になり転倒の危険も!


登るときの呼吸法

口をすぼめて二酸化炭素を吐き切ってから、吸うを繰り返すしましょう。二酸化炭素を吐き切ってしまわないと、肺に取り込む酸素の量が減り、高山病にかかりやすくなります。
バースデーケーキのろうそくの火を、フーッと吹き消すようなイメージで息を吐くのがコツです。


登り・下り共に重宝。
トレッキングポール

ストックは、登山姿勢のバランスをとるための必需品。登るときは1本が便利ですが、下山時には2本使うと下りやすくなります。五合目の売店や山小屋で購入できる「金剛杖」でも、十分ストックの役割を果たしてくれます。


傾斜のきつい岩場での「3点確保」

山頂付近の険むい岩場では、両手両足のうち3点で体を保持し、残りの1点を動かして登ります。例えば左手を離すときは、右手と両足 で体を支えるといった形がベストです。

ポイント
前かがみになりすぎないように注意しましょう。下を向いていると、前方の落石などに注意が払えず危険回避がしづらくなります。

安全のために、大きな「岩」を避ける

岩場では、大きな岩を無理して登るのではなく、砂地や砂利を選びながら登りましょう。
近道しようと無理に岩場を登ると、落石や転倒の危険があります。足場を選びながら少しジグザグに登ったとしても、こちらのほうが安全です。また登山のペースも乱れにくくなり、総合的にメリットが大きくなります。

雨の日に注意

雨の日は、手袋を必ず着用し、できるだけ滑りにくい足場を探しましょう。


事故が起こる可能性が高い下りに注意

富士山の下り方の基本

下りの場合も登り同様、歩幅は小刻みが基本です。
下りの場合は登りよりも多少スピードが出てしまいますが、抑え気味にして自分のペースを守って下りることが大切。ただし、スピードを抑えようとしすぎると、かえってペースが乱れ、脚への負担も大きくなってしまいます。傾斜が急な岩場では、より歩幅を狭くすることを意識して、大きな岩を避け、ゆっくりと安全な足場を探しながら下山しましょう。

[Topix] なるとつらい靴擦れ予防法

まずフィットした靴を選ぶことか重要。中厚手の靴下を履いて、靴のひもをしっかりと結んでください。特に下りで痛めやすいので要注意です。

登山靴 靴下

これを読めば、あなたも今日から富士登山マスター!

富士登山お役立ちコンテンツ集

シートベルト着用のお願い

当社ツアーでは安全運転に徹しておりますが、ご乗車頂くお客様の安全を第一に考え、従来からのシートベルト着用のご案内に加え、乗務員による目視確認を実施してまいります。
座席でのシートベルトは着用義務化となっておりますので、ご乗車の際は備え付けのシートベルトをご着用くださいますようお願いいたします。