本州一早いお花見で
ひと足早い春を満喫!

河津桜まつり
バスツアー
Kawadu-sakura Festival Bus tour!!

河津桜まつりへの、お花見 日帰りバスツアー!本州一早咲きの桜を見に行こう!

例年2月下旬からが見頃!本州一早咲きの「河津桜」をバスツアーで堪能!

一足早い春を楽しむことが出来る河津桜(かわづざくら)。毎年2月の中旬ころから見ごろを迎える、本州で一番早咲きの桜を、お手軽日帰りバスツアーで見に行こう。
河津川沿いに、約3km連なる爽快な桜並木をゆったり自由散策でお楽しみいただけます。

河津桜まつりを
お得に堪能できるバスツアー

現在ツアー準備中です。

約3km連なる桜並木は一見の価値あり!

河津川周辺を中心に約8000本が植えられている河津桜。

開花の時期に合わせ「河津桜まつり」も開催され、地場産品の販売、足湯サービス、スタンプウォークなど多彩なイベントも行われます。

伊豆・沼田などの水産店でお土産も!

せっかく伊豆まで行くのだからお土産は海産物がオススメ。名物の干物や鮮魚など産地直結で手に入る貴重なチャンスです。

※プランにより、立ち寄りの干物店等は異なります。詳しくは各商品詳細ページにてご確認ください。尚、交通状況により立ち寄り先が変更となる場合もございます。

女性安心設定プラン

女性のみのご参加の場合、往復のバスは女性の隣には必ず女性がお座りいただきます。(通路を挟んだ反対側のシートは男性となる場合があります。)

河津桜(かわづざくら)とは

河津桜とは静岡県賀茂郡河津町で毎年3月上旬に満開になるピンク色の桜です。伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし毎年2月上旬から開花しはじめ約1ヶ月を経て満開になります。

河津桜(かわづざくら)メモ

河津桜の原木は、河津町田中の飯田勝美さんが昭和30年(1955年)頃の2月のある日、河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽咲いているさくらの苗を見つけて、現在地に植えたものといわれています。
昭和41年(1966年)から開花がみられ、1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き続けて近隣の注目を集めました。
伊東市に住む勝又光也さんが昭和43年(1968年)頃からこのサクラを増殖し、このサクラの普及に大きく貢献しています。一方、県有用植物園(現農業試験場南伊豆分場)は、賀茂農業改良普及所、下田林業事務所(現伊豆農林事務所)や河津町等と、この特徴ある早咲き桜について調査をし、この桜は河津町に原木があることから、昭和49年(1974年)に河津桜(カワヅザクラ)と命名し、昭和50年(1975年)に河津町の木に指定されました。カワヅザクラはオオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と推定されています。
現在樹齢は約60年。最長老の河津桜ということでまずはこちらに挨拶に来る常連さんも多いのだとか。


河津桜まつり会場マップ(お花見マップ)

2017年第27回河津桜祭お花見MAP

河津桜まつりフォトギャラリー


シートベルト着用のお願い

当社ツアーでは安全運転に徹しておりますが、ご乗車頂くお客様の安全を第一に考え、従来からのシートベルト着用のご案内に加え、乗務員による目視確認を実施してまいります。
座席でのシートベルトは着用義務化となっておりますので、ご乗車の際は備え付けのシートベルトをご着用くださいますようお願いいたします。


過去に開催したツアーの様子をちょっとだけご紹介します。

他のレポートも見る

リンク

目的から探す

すべてのツアーを見る

リンク

特集一覧

河津桜祭り

ネモフィラ

あしかがフラワーパーク