花と動物たちのエンターテイメントファーム
マザー牧場日帰りバスツアー
日帰りバスツアー
Motherfarm 1day Bus tour!!

ファミリーはもちろん、大人でも超たのしい!
マザー牧場への日帰りバスツアー

カワイイ動物とふれあえたり、遊園地があったり、季節の花々が愛でられたりと、ワクワク満載の一大スポット「マザー牧場」。見て、ふれて、感じられる、たくさんの動物たちとのスキンシップや、豊かな緑、四季の花を楽しめるエンターテイメントファームをお得にバスツアーで楽しみましょう!

マザー牧場を
お得に堪能できる日帰りツアー

花と動物たちのエンターテイメントファーム!
マザー牧場

マザー牧場は、房総半島の山々や東京湾、富士山などの雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にある花や動物と触れ合えるテーマパーク。
豊かな自然とふれあうことができ、子供から大人まで楽しめる観光牧場として親しまれています。
250ヘクタールという広大な敷地で、豊かな緑、四季の花、愛らしい動物たちとのふれあいを楽しむことができ、「花と動物たちのエンターテイメントファーム」として、大自然の恵みを活かした施設とサービス、商品をお楽しみいただけます。

見逃せない!マザー牧場の季節の花観賞

甘い香りが場内に漂うころ、一面を色鮮やかに彩る花回廊が現れます。四季折々の花はどれもビッグスケール。忘れられない風景が待っています。

菜の花

菜の花(イメージ)

「花の大斜面・東」と「西」にダイナミックに咲く菜の花は、マザー牧場の"春の風物詩"。 約350万本の花が場内全域に咲き、春の香りが満ち溢れます。菜の花畑にはミツバチの姿も♪

菜の花が咲く場所:花の大斜面

MAP菜の花

桃色吐息(ペチュニア)

桃色吐息(ペチュニア)(イメージ)

約25,000株の花が鹿野山の山肌をピンク1色に染め上げる風景はまさに絶景。花と青空と遠くの山々を見ながら、格別の時間をお過ごしください。
鑑賞上のご注意:桃色吐息(ペチュニア)は、夜間や雨の日などに花が傷むのを防ぐため、 自ら花びらを閉じて夜露や雨水から身を守ります。 晴天でも梅雨のように雨が続いた後は、鮮やかなピンク色の花畑を見る事が出来なくなりますが、雨が上がり十分に太陽の光を浴びると、また花を開き鮮やかな色で山肌を彩ります。

桃色吐息(ペチュニア)(イメージ)

桃色吐息が咲く場所:花の谷

MAP桃色吐息

あじさい

あじさい(イメージ)

約2,000株のあじさいが場内のそこかしこで花を咲かせます。
中でも「フルーツ農園」付近の遊歩道や、様々な種類がご覧になれる「あじさい園」は見応え十分です。

あじさいが咲く場所:あじさい園

MAPあじさい園

サルビア

サルビア(イメージ)

マザー牧場の"秋の風物詩"として「花の大斜面・東」をサルビアの花が赤く染め上げます。
満開時には約30万本のサルビアが、真っ赤なじゅうたんのように咲きそろう絶景に、感動いただけること間違いなし。

サルビア(イメージ)

サルビアが咲く場所:花の大斜面・東

MAPサルビア

コスモス

コスモス(イメージ)

秋の花と言えばやっぱりコスモス。可憐という言葉はこの花のためにあるのかもしれません。1万㎡の広大な「花の大斜面・西」を約200万本のピンクの花が彩り、秋の高く澄み渡った空に良く映えます。

コスモスが咲く場所:花の大斜面・西

MAPコスモス

水仙

水仙(イメージ)

マザー牧場の"日本水仙"は約10万株。
水仙は場内の色々な場所で見られますが、おすすめは「ロウバイ園」の入り口付近。かわいらしい花を同じ方向に向けて、ほのかな香りを漂わせます。

水仙(イメージ)

水仙が咲く場所:ロウバイ園

MAP水仙

ロウバイ

ロウバイ(イメージ)

ふれあい牧場の横にある「ロウバイ園」では、約100本のロウバイがお楽しみいただけます。 枝に鈴なりになった可憐な黄色いつぼみが次々に開くと、周辺には甘い香りが漂います。

ロウバイが咲く場所:ロウバイ園

MAPロウバイ

梅(イメージ)

「ロウバイ園」を中心とした約5000㎡の敷地には約90本の梅があり、春には白色の花がなだらかな斜面に咲き誇ります。 ロウバイや菜の花など様々な花との競演や、山間に広がる青空とのコントラストが見どころです。

梅が咲く場所:ロウバイ園

MAP梅

シートベルト着用のお願い

当社ツアーでは安全運転に徹しておりますが、ご乗車頂くお客様の安全を第一に考え、従来からのシートベルト着用のご案内に加え、乗務員による目視確認を実施してまいります。
座席でのシートベルトは着用義務化となっておりますので、ご乗車の際は備え付けのシートベルトをご着用くださいますようお願いいたします。


過去に開催したツアーの様子をちょっとだけご紹介します。

現在レポート準備中です。

目的から探す

特集一覧