大自然の贈り物。きらめく秋の芸術を愛でる
紅葉散策
日帰りバスツアー

日帰りバスツアー
Exploring Autumn leaves 1day bus tour!

秋の風物詩『紅葉』散策 日帰りバスツアー

「赤」「黄」「緑」と季節に応じて私たちの目を楽しませてくれる、自然が織りなす芸術が紅葉です。特に日本では色鮮やかに紅葉する落葉樹の種類も多く、その美しさは、日本のみならず海外からの評価も高いのです。そんな紅葉のベストスポットを当社のツアーからご紹介していきます。

袋田の滝

紅葉散策をたっぷり
楽しめる日帰りツアー

VIPツアー秋の紅葉観光スポットの『見どころ』は?

花貫渓谷(茨城県)

茨城県高萩市に位置する花貫渓谷は、大小さまざまな淵や滝が連なる渓谷です。特に汐見滝の吊り橋付近では、落葉したモミジが敷き詰められた橋を渡りつつ、眼下には汐見滝というポイントが大きな見どころの1つです。また、橋の左右を流れる花貫川の上を進む落葉紅葉にも趣があります。加えて両サイドから橋に向かってせり出す木々も紅葉し、その全景はまるで映画のワンシーンのような迫力です。まさにフカフカの「赤い絨毯」。旅の思い出にモミジ狩りにいそしむ、というのもおススメです。

住所 茨城県高萩市大能地内
見ごろ 10月中旬~11月
花貫渓谷

袋田の滝(茨城県)

日本三大名瀑に数えられる関東有数の観光スポットの紅葉は120mを誇るその高低差から木々の紅葉グラデーションを楽しむのが一番の見どころではないでしょうか。雄大な流れを誇る滝の両サイドには赤・黄色と各色に色付いたものと緑に残ったものが色とりどりに散りばめられ、その年だけのグラデーションを見せてくれます。西行法師が読んだ「花紅葉(はまもみぢ) 経緯(よこたて)にして山姫(やまひめ)の 錦織出す 袋田の滝」という歌の通りに、高貴な姫君が着るお着物のような美しさが再確認できるはずです。

住所 茨城県久慈郡大子町袋田
見ごろ 10月中旬~11月
袋田の滝

富士河口湖もみじ回廊(山梨県)

秋晴れの快晴に恵まれれば雄大な富士山をバックに紅葉を楽しめるのがここ、もみじ回廊。河口湖の北岸150mに渡って続くモミジのトンネルは、特に落葉のシーズンの地面に敷き詰められたモミジと共に紅葉した木々を眺められるポイントが大きな見どころです。山あいにあるモミジとは違い、実際に触れられるほど近くにある木々の紅葉なので、真下からもみじを眺め「もみじの赤」と「空の青」との色合いの対比を楽しむという見方もオススメです。そこに冠雪した富士山が加われば、もう絵葉書の世界そのままですね。

住所 山梨県都留郡河口湖
見ごろ 11月

2017年11月1日(水)~2017年11月23日(木・祝)まで、紅葉まつり開催中

もみじ回廊

時にはこんな紅葉も・・・

10月出発の河口湖のツアーでは、大石公園で「コキアの紅葉」が楽しめます。ホオキギと呼ばれるまん丸のフワフワしたもみじ等の朱色がかった赤よりもさらに濃い、ビビッドなピンクに近い赤い紅葉が魅力です。花や葉だけでなく茎まで真っ赤に紅葉します。

西沢渓谷(山梨県)

山梨市内最大の紅葉スポットがここ三富にある西沢渓谷です。一周10kmの広大な渓谷内では様々な滝や紅葉のシーンを目にするかと思いますが、中でも1番の見どころは日本の滝百選にも選ばれた「七ツ釜五段の滝」と紅葉の競演ではないでしょうか。文字通り七つの滝つぼから連続して流れる滝の両岸には、切り立った崖とそこに覆いかぶさるようにセリ出したカエデやブナ、ナナカマドなどが織りなす様々な色あいのグラデーションは圧巻のひと言です。見ているだけで心が洗われるような幻想的な風景をご堪能ください。

住所 茨城県久慈郡大子町袋田
見ごろ 10月中旬~11月
西沢渓谷

大内宿・塔のへつり(福島県)

江戸の情緒あふれるかやぶき屋根の民家が並ぶ大内宿のある大内町の紅葉は、その街並みとあわせて全景で楽しむのがいいですね。古き良き日本の童謡の世界に浸れること請け合いです。また、下郷町に位置する塔のへつりは、奇岩と絶壁が連続する大川ラインの両脇に自生するイチョウやモミジがこの時期には美しく色づきます。この断崖にかけられた吊り橋「藤見橋」からの景色が絶景のポイントとなります。派手さは少ないかもしれませんが、枯山水を思わせる水墨画のような静謐さに、控えめな色合いが魅力です。

住所 福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林
見ごろ 10月下旬~11月
大内宿

伊香保温泉郷(群馬県)

名湯として知られる群馬県渋川市にある伊香保温泉、その湯元に近い河鹿橋付近には榛名山系の豊かな自然の下モミジやカエデ、クヌギやウルシなど様々な種類の木々が自生しています。ここの紅葉は、木の種類が多いので色合いのバリエーションも豊富なのがポイントです。朱塗りの太鼓橋の「赤」と紅葉の「赤」のマッチングも素晴らしく評判が高いです。加えて夕方からは、ライトアップされるので、もしかするとツアーでもその瞬間を見ることができるかもしれませんよ(ライトアップは10月24日からの予定)。

住所 群馬県渋川市伊香保
見ごろ 10月下旬~11月
伊香保温泉

Diggin’up 紅葉の豆知識葉の「赤くなる」「黄色くなる」の違いは?

大自然が織りなす芸術的なグラデーション。これはいったいどうやって起こるのか。そもそもカエデなどは同じ木でも葉によって赤いもの黄色いものなどが混在しているものなどもあったりします。この秘密にも触れておきましょう。知っておくと紅葉を見る目が変わるかもしれません。

もともと葉に含まれている色素は、クロロフィル(緑)とカロチノイド(黄色)のみで、秋になり日差しが弱くなるとともにこの二つが徐々に分解されていくようです。クロロフィルの方が早く分解されることが多く、残ったカロチロイドのため葉が黄色く変化していくというのが一般的な紅葉(黄色の場合黄葉とも呼ぶようです)になります。また、葉の赤色は、葉の色素の中にはないもの(アントシアニン)で、緑の色素が分解され消えていくときに合成されるようです。ただ、なぜここで赤い色素で作られるかはまだよくわかっていないようですね。ただ、より寒くなるとより赤みが強くなること、アントシアニン合成には葉の中にある糖分が重要なことはわかっているようです。

また、葉や木によって緑→黄色→赤と変色していくものや黄色のままのもの、緑から急に赤になるものなど変化に多様性があるのはこの「色素の分解」「赤色の合成」の起き方の違いで起こります。そちらのメカニズムも見てみましょう。

紅葉のメカニズム

緑→黄色→赤

緑の色素と黄色の色素が減っていく中で緑の色素が先にすべて分解され黄色が発現、その後、黄色の色素も分解され、合成された赤が発現するという一番オーソドックスな紅葉です。

代表する木:トウカエデなど

緑→赤

分解のメカニズムはおなじですが、色素の分解が全体的に遅く、最後の赤の合成までたどりつかないまま落葉してしまうので、葉が黄色いままになる種類の紅葉です。

代表する木:イチョウ、カラマツなど

緑→黄色

緑と黄色の色素の分解終了と赤の色素の合成がほぼ同時に起こるもの。ただ、この反応は、同じ木でも日中と夜間の気温差や、昼の日光量の多さなどで変わる可能性もあります。

代表する木:ナナカマドなど

ここまで知っていればあなたも紅葉博士! 今後の紅葉を見る目も変わるかもしれませんね。バスツアーで早速実地検分に移りましょう♪

シートベルト着用のお願い

当社ツアーでは安全運転に徹しておりますが、ご乗車頂くお客様の安全を第一に考え、従来からのシートベルト着用のご案内に加え、乗務員による目視確認を実施してまいります。
座席でのシートベルトは着用義務化となっておりますので、ご乗車の際は備え付けのシートベルトをご着用くださいますようお願いいたします。


過去に開催したツアーの様子をちょっとだけご紹介します。

現在レポート準備中です。

他のレポートも見る

リンク

目的から探す

すべてのツアーを見る

リンク

特集一覧

日帰りバスツアー

アゴーハ!!

ガッポリ建設

原田17才

下ネタ女芸人さゆり

モノマネ芸まさっしー

【スピ添】五斗美湖

恋活バスツアー

元旦 初詣ツアー

紅葉バスツアー

イルミネーションバスツアー

黒部立山アルペンルートバスツアー